サラシアの効果と副作用

サラシアの成分と効果

サラシアとは

サラシアは、インドやスリランカに自生するつる性植物です。この根や幹から抽出されたエキスに薬効があり、約5000年もの昔から、インドのアーユルヴェーダや東南アジアの伝統医学で用いられてきました。貴重な植物で、輸出が認められているのは日本のみという珍しいものでもあります。

サラシアの効果

  • 炭水化物の吸収を抑えダイエットをしやすくする
  • 整腸作用でお腹すっきり・肌荒れ改善

サラシアには食べ物の糖分の吸収を抑える働きがあり、特に血糖値を下げる効果については、2002年にはWHO(世界保健機構)も認めています。糖尿病の患者や糖尿病予備軍の人が飲むと、血糖値が低くなり、しかも飲んだ翌日には実感できるほどの即効性があります。

糖分の吸収を抑える以外には、腸内細菌のバランスを整え、悪玉菌を善玉菌に変える整腸作用が認められ、お腹をすっきりさせる効果も。また、ニキビや吹き出物、シミなども解消され、肌の新陳代謝を活発にする効果も感じられるなど、様々な効果が期待されています。

サラシアの副作用

  • 特になし

サラシアの重大な副作用は特に報告されていません。サラシアについての食品としての安全性は示唆されていますが、十分な情報がないため、妊娠中および授乳中の人の摂取は避けたほうがよいとされています。

サラシアを日常的に飲み続けているスリランカは、世界有数の長寿国でもあり、約5000年という長きにわたって人々の健康を支えてきた成分であることがわかります。飲み始めのころは多少お腹がゆるくなる人もありますが、一ヶ月ほどで収まるケースが多いようです。

サラシアを効果的に摂るために

  • おすすめな人…糖尿病が心配な人・甘いものや炭水化物が好きな人
  • 飲むタイミング…食事の前に

サラシアはギムネマなどと同様に、甘いものや炭水化物が好きな人、お酒を呑む人、糖尿病の心配がある人におすすめです。糖分の吸収を抑える働きを活かすには、食前にとると効果的。サラシア配合の錠剤サプリメントの他、お茶やクッキーなども登場しています。