オルニチンの効果

オルニチンの成分と効果

オルニチンとは

オルニチンはアミノ酸の一種です。体内でタンパク質を合成するためアミノ酸とは少し違い、体内でも常に「オルニチン」という形で血液や細胞の中に含まれる「遊離アミノ酸」という種類になります。貝類のしじみ、だだちゃ豆に含まれますが、自然界に多く存在せず、摂取するのが難しいアミノ酸です。

オルニチンの効果

  • 代謝アップ・脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 二日酔いや疲れを回復させる

オルニチンは脳の成長ホルモンを刺激するアミノ酸です。直接筋肉を作る材料とはなりませんが、成長ホルモンを刺激することで、細胞や代謝を活性化させ、運動後の筋肉を回復させたり、体脂肪の燃焼を促したりします。

また、肝臓で働く「オルニチン回路」という機能があり、毒素であるアンモニアを代謝させ、アルコールの分解の負担を減らします。お酒を飲んだ後は「しじみ汁」を飲むと良い、という話がありますが、これはオルニチンの働きを利用しているのです。この他、疲れやだるさを回復させます。

オルニチンの副作用

もともと、体内でアルギニンから合成されるアミノ酸であるオルニチン。オルニチンに対する重大な副作用は特に認められていません。オルニチンは体内に蓄えられない上、毎日の活動によって失われやすい成分でもあります。目安量を守り、続けて飲むことが必要です。

オルニチンを効果的に摂るために

  • おすすめな人…疲れが気になる人・よく運動する人・お酒を飲む人・脂肪が奇異なる人
  • 飲むタイミング…運動後・食後

成長ホルモンを促し、肝機能を助けるオルニチンは、疲れが気になる人やよく運動する人におすすめ。脂肪燃焼や代謝アップを促し、運動効果や脂肪を減らすのに役立ちます。お酒が好きでよく飲む人にも効果的です。お酒を飲んだ後や運動後に飲むことで、よりオルニチンの効果が実感できます。目安量を守り、続けて飲むことが大切です。