ギムネマの効果と副作用

ギムネマの成分と効果

ギムネマとは

ギムネマはインド中南部原産のつる性植物「ガガイモ」を原料としています。古くはインドの「アーユルヴェーダ」にも用いられ、薬草として珍重されてきました。正式名称を「ギムネマ・シルベスタ」と言います。

ギムネマの効果

  • 炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果
  • 糖尿病や生活習慣病の予防と改善

ギムネマの葉に含まれる「ギムネマ酸」には、体内での糖質の吸収を妨げ、血糖値の上昇を抑える働きがあります。ギムネマの別名を「グルマール」とも言いますが、これはヒンディー語で「甘みを壊すもの」という意味。ギムネマの葉を噛んでしばらくすると甘みを感じなくすることからついたと言われます。これはギムネマ酸が、体内での糖質の吸収を抑えているからだと考えられます。

ごはんや麺類、甘いものが大好きな人でもダイエットをしやすくし、糖尿病や生活習慣病の予防と改善におすすめです。

ギムネマの副作用

  • 鉄分不足・
  • 低血糖症状を招くおそれ

ギムネマには糖質の吸収を抑える他、鉄分の吸収を妨げることもわかっています。鉄分不足が心配な場合は、鉄分の吸収を妨げる成分を除いたギムネマのサプリメントを選ぶようにするのがおすすめです。

ギムネマの成分は体の主要なエネルギーである糖質の吸収を抑えます。血糖降下剤を服用している場合は、低血糖症状を招く恐れがあるので注意しましょう。ギムネマを過剰摂取しすぎて体に糖分が不足すると、脳にエネルギーが不足する可能性もあります。摂る際は摂取量の目安を守りましょう。

また、ギムネマを取り始めるとお腹が張る、ガスがでるなどの症状が感じられる場合もありますが、1ヶ月ほどで収まることがほとんどです。食品としての安全性は示唆されていますが、十分な情報がない妊娠中および授乳中の人の摂取は避けたほうがよいとされています。