共役リノール酸の効果

共役リノール酸(CLA)の成分と効果

共役リノール酸とは

共役リノール酸(CLA)とは、動物の肉や乳製品にわずかに含まれる不飽和脂肪酸の一種です。リノール酸を防ぐ牧草を食べた牛が、草を反芻(消化したものをさらに噛み砕いて消化)することで生まれる特別な不飽和脂肪酸です。食品ではごくわずかにしか含まれないため、摂取するのが難しいのが現状ですが、サプリメントとして登場しはじめ「太らない脂」として注目をあつめています。

共役リノール酸の効果

  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 空腹感を抑え満腹感を与える
  • 抗がん作用や抗アレルギー作用・免疫力アップ
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果

共役リノール酸は不飽和脂肪酸の一種です。共役リノール酸は脂肪が体内に溜まるのを防ぐ働きがあり、たまった脂肪を効率よく分解。筋肉へと変えていきます。運動で理想の体づくりを目指す人にはおすすめです。また、空腹感を抑える働きがあり、ダイエット中の低カロリー食でも満足できると言われています。

また、体の免疫力をアップさせ、抗がんや抗アレルギーなど、更なる健康効果が期待され、研究が進んでいます。抗酸化作用によるアンチエイジングも得られます。

共役リノール酸の副作用

  • 摂り過ぎると太る
  • 体に必要な体脂肪まで減ってしまう

共役リノール酸は、脂肪燃焼効果があるとはいえ、分類的には脂質です。1gで9kalのエネルギーを持ち、摂り過ぎれば当然脂肪として蓄えられてしまうため、注意が必要です。

共役リノール酸を摂り過ぎると、体に必要な脂肪まで失われてしまい、体内に必要な善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増加した、脂肪肝を発症したという動物実験のデータもあります。

食品に含まれる量はわずかであり、その食品をとってもおそらく安全であると言われています。妊娠中や授乳中の人でも摂取についても同様です。その他に重大な副作用などは報告されていません。

共役リノール酸(CLA)を効果的に摂るために

  • おすすめな人…運動を良くする人・脂肪燃焼を目指す人・病気予防・体質改善
  • 飲むタイミング…食事や運動の前に分けて飲む

共役リノール酸(CLA)は体脂肪の燃焼に効果的。運動前や食事前などのタイミングで、1日に3回程度分けて飲むのがおすすめです。共役リノール酸は脂質の一種であるため、脂肪を吸収する効果のある「キトサン」と一緒にとると効果が出なくなってしまいます。同時に摂るのは避けましょう。