キトサンの効果と副作用

キトサンの成分と効果

キトサンとは

キトサンはエビやカニなどの甲殻類の殻からとれるキチンという成分を抽出した、動物性の食物繊維です。サプリメントの他、工業製品や加工品にも多く使用されている他、人間の体の神経や皮膚といった体に必要な組織にも有用で、実際の外科手術などにも利用されている、バイオマス(生物素材)です。

キトサンの効果

  • 体に脂肪をつきにくくする
  • 排泄を促しお腹をすっきりさせる
  • 血圧やコレステロールを下げる

キトサンそのものは食物繊維。体内の脂肪を蓄えにくくし、脂肪や老廃物を吸着させて、排出することができます。腸内の悪玉菌を減らし、お腹をすっきりさせる効果が期待できます。コレステロール値や血圧を下げ、免疫力を向上させる効果なども見受けられ、キトサンは厚生労働相から認可された「トクホ」(特定保健用食品)としても注目されています。

キトサンの副作用

  • エビ・カニのアレルギーのおそれ

人間の体とも相性がよいキトサンには、重大な副作用は報告されていません。しかし、甲殻類アレルギー(エビ・カニのアレルギー)がある人には、摂取の際に反応が出る可能性があるので注意しましょう。食品としての安全性は示唆されていますが、十分な情報がない妊娠中および授乳中の人の摂取は避けたほうがよいとされています。

キトサンは脂質を吸着させる性質があるため、共役リノール酸やDPA・EPAなどのサプリメントとは同時に飲まないようにしましょう。体によい脂質であっても効果が現れなくなります。

キトサンを効果的に摂るために

  • おすすめな人…脂っぽいもの・肉などをよく食べる人
  • 飲むタイミング…食後

キトサンは焼肉や中華料理を食べた後など、脂っぽい食事のあとに飲むと効果的です。食事の脂肪分を吸着させ、体の外に排出します。