αリポ酸の効果

αリポ酸の成分と効果

αリポ酸とは

αリポ酸は人の体内や細胞に存在し、消化や代謝などの働きを助ける補酵素と呼ばれる成分です。ビタミンに近いとも言われています。以前は医薬品の成分としてのみ使用されていましたが、2004年の医薬品の基準の改正により、サプリメントや健康食品にも使用が認められるようになりました。「チオクト酸」とも呼ばれます。

アルファリポ酸の主な効果

  • 代謝アップによるダイエット効果
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果

αリポ酸は細胞内での補酵素として、エネルギーを作る、消化や分解、代謝の働きを助けます。また、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、グルタチオンなどと同じくネットワーク系抗酸化物質の一つで、これらの成分と一緒に体内で働き、老化を防ぐ効果があります。

αリポ酸は水にも油脂にもなじみやすい、酸化しても自己再生する能力があるなど、他の栄養素にはない特殊な働きもあり、さまざまな健康効果が期待されている成分でもあります。

αリポ酸の副作用

  • 低血糖症(インスリン自己免疫症候群(IAS)が起こるおそれ

αリポ酸はインスリンの働きに大きく関係する成分であることがわかっています。糖尿病などの治療に役立つ一方で、長期間αリポ酸を大量にとり続けると、インスリンの働きが低下し、低血糖症に陥るケースも報告されています。手足の震えや動悸、冷や汗やめまい、吐き気などが起こり、生活に支障を来す恐れがありますが、いずれも使用を中止することで症状が軽くなり、回復しています。

αリポ酸については詳細がわからない部分も多くあります。長期に渡り多く摂取することは避け、目安量を守って使用しましょう。

αリポ酸を効果的に摂るために

  • おすすめな人…代謝をアップしたい・老化を防ぎたい
  • 飲むタイミング…食前

細胞の働きを活発にさせるαリポ酸は、代謝をアップさせ、老化予防に役立ちます。食べ物と同時にとると吸収されにくくなるため、食前30分前位に飲むのがおすすめです。摂取量を守り、飲み過ぎないようにしましょう。